MENU

溶接で手が震える原因とは?その治し方も知りたい!

スポンサーリンク

溶接で仕事している時、手が震えるという症状が出てくる方がいます。
原因がよくわからないことも多いのですが、治せないということはなく、溶接作業の仕方を考慮するなど、治し方も色々です。

 

【溶接などで手が震える、その原因は?】
建設業や製造業などで欠かせない溶接、資格が必要な仕事ですし、古くから職人さんといわれてきた専門職です。

 

利用する器具をしっかりと握り仕事を行う必要がありますし、一点に集中して仕事を行うため、溶接を行う方の多くに、手が震えるなどが出てくるといわれています。
なぜ、手の震えが起るのか、それは人によって原因に違いがあります。

 

【力が入りすぎている、集中しすぎている】
溶接の際に手が震えるという状態になるのは、腕の力がない場合もありますし、集中しすぎて手が震えるということもあるようです。
肩に力が入り手が震えるようになると、仕事の仕上がりもよくありませんので、こうした仕事をされている方にとって、このような症状は非常に困るといわれています。

 

原因はその人によって様々で、慣れてきたら自然に手が震える事もなくなったという人もいますし、新しい仕事をする時には震えが出てくるということもあるようです。
原因は様々ですが、震えの治し方を理解しておくことで、いい仕事ができるようになると思います。

スポンサーリンク

【溶接で震えが起る場合の治し方】
原因は様々でも、震えの治し方はほぼ、「肩の力を抜いて腕をしっかり固定するように行う」ということです。
手先に神経がいってしまうという人の治し方としては、肩方向に神経をもっていくと震えも少なくなるようです。

 

先輩の作業をしっかり見てみると、姿勢や用具の持ち方などが微妙に違うということにも気が付くことがあり、それが原因となっていることも少なくありません。

 

【力がない人は腕の力をしっかりつけて】
溶接は決して特別強い力が必要になるという仕事ではありませんが、力がないことが原因となってうまく作業できないということもあります。

 

腕の筋力をつけることで一定の力で用具を支えることができるようになるので、しっかりと力を付けることも治し方の一つといっていいでしょう。

 

震えの原因は人によって違いますが、治し方を理解すると作業もしやすくなり、仕事も楽しくなっていくはずです。
専門職となる溶接の仕事は経験や技術も大切です。地道に、徐々に経験を積んでいくことで震えなどの症状も少なくなっていくと思います。

スポンサーリンク