MENU

精神薬の副作用として起る手の震えの原因

スポンサーリンク

ストレスを受けることが多い環境にいる、また不安が強く精神薬を利用する必要があるという方は、現代、非常に多くなっています。こうしたお薬について手の震えという副作用が起る事もあります。その原因を紹介します。

 

【精神的な疾患を抱えている人が多くなっている】
昔は精神科などにかかっている人も少なく、今の様にメンタルクリニックなども多くありませんでした。現代はストレスを受けることも多い社会となり、多くの方がメンタルクリニックに通われていますし、また精神科以外でも、不安が消えないなどから内科などでお薬を貰う方が多くなっています。

 

精神薬に関してもそのほかのお薬に関しても、薬はどんなものでも副作用が少なからずあります。全くリスクのないお薬はないので副作用が起る事があります。

 

【うつ病などで利用される精神薬原因の副作用とは】
うつ病は現代病とも呼ばれていて、精神薬として抗鬱剤を利用されている方も少なくありません。このお薬の副作用として手の震えがあります。

 

しびれるようなぶるぶる小刻みに震えるような手の震えがあり、こうした副作用を心配されてお薬は利用しないほうがいいのでは?という方もいます。

スポンサーリンク

【パーキンソン症状といわれる症状の原因】
手の震えなどの精神薬による副作用は、パーキンソン病とそっくりな症状です。抗精神病薬はドーパミンを受け取る受容体を遮断、ドーパミンが活動できないようにするお薬です。

 

パーキンソン病はドーパミンが不足することが原因で動きにくくなってしまう病気なので、これと同じような症状がおき、精神薬が原因となる手の震え、上手く動かしにくくなるなどの症状が出てきます。

 

【症状がひどい場合には医師に相談する】
手の震えなどの症状については、お薬による弊害として仕方ないことなのですが、生活していく上でこうした症状が困る事もあります。最終的に何が原因でうつになったのかということをしっかり突き止め、その上でお薬を飲む必要があるかどうかを書くにすべきです。

 

原因を突き止めてもそれが精神薬の副作用ということであれば中止することもできません。辛い精神性の症状があるからこそ、その不安の取り除くため、治療のために利用しているのが精神薬です。手の震えなどが少なくなるように医師に相談しながらうまく付き合っておきましょう。

スポンサーリンク