MENU

10代の唇と手の震えなどの症状は何が原因でおこるのでしょう?

スポンサーリンク

10代の方でも、唇と手の震えといった症状が出てくることもあります。震え、しびれなどは病気の可能性もあるので心配になります。こうした震えの原因を理解しておくことで、病気と判別することにもつながります。

 

【10代で手が震える症状の原因は?】
仕事で筋肉がずっと緊張状態、その疲労から唇と手の震えといった症状が出てくることもありますし、強いストレスを受けたことが原因で唇と手の震えが出るということもあります。

 

不安障害の一つともいわれている書痙と呼ばれる症状、文字をかきたいのにふるえてうまく書くことが出来ないなども震えの症状としてあるものですが、10代という若い世代に限定すると、唇と手の震えの原因とは何があるのでしょうか。

 

【10代の場合、アルコール依存を除く他の原因】
10代の場合、アルコールを飲むということがありませんので、唇と手の震えといってもアルコール依存を除く他の原因が考えられます。

 

10代こそ学校、お友達の関係、親子などストレスを強く受ける年代なので、自律神経に関係する原因もあるでしょうし、また栄養不足による原因もあります。

スポンサーリンク

【栄養不足による唇と手の震えとは?】
10代は成長期に当るので栄養素をしっかり補給してほしい年代です。しかし思春期に入るため、見た目などかなり気になる年代でもあるので、過激なダイエットを行う10代も少なくありません。

 

全く固形物を口にしなかったり、一つのもの以外口にしないなど、栄養的にかなり問題のある食事無いようになっているティーンが多く、摂食障害の方もいる位です。唇と手の震えなどは、栄養失調の典型的な症状ともいわれているので、もしもこうした無理なダイエットが要因となってこのような症状が起きている方はすぐにでもダイエットを中止しましょう。

 

【栄養不足は肌にも影響する】
ぴちぴちの肌のはずなのに、食事制限などを行ってダイエットされているティーンの肌はがさがさ、水分が足りず顔色も悪くちっとも健康的に見えませんし、魅力もありません。

 

唇と手の震えは、血糖値が圧倒的に足りていない証拠なのですから、栄養バランスのいい食事をとって健康的に運動などを取り入れたダイエットを行うべきでしょう。

 

10代はこれから大人になっていく上で非常に大切な時期です。思春期で容姿が気になったり、また様々なストレスから体調を崩す人も少なくありませんが、唇と手の震えなどの症状があるのなら、まずは栄養補給をしっかり考えること大切です。

スポンサーリンク