MENU

手足が震える症状の原因は筋肉少ない状態だから?

スポンサーリンク

手足が震える原因として、筋肉少ないという方に多いともいわれます。筋肉量が少ないとなぜ手足が震えるという症状が起るのでしょうか。筋肉の量をしっかりつけることで震えも改善させることができるのか?紹介します。

 

【筋肉少ないことが原因となる手足の震え症状】
筋肉がしっかりついている人と、筋肉少ない状況の方が同じ量野トレーニングを行った場合、また同じ量の肉体労働を行った場合、筋肉少ない人の方が手足が震えるなどの症状が起ります。

 

これは筋肉がもともと少ないのにその筋肉を酷使したために細かく痙攣しているようなもので、能力以上の仕事をしてしまったことでオーバーヒートしていることが原因と考えるとわかりやすいでしょう。

 

【手足が震える理由とは?】
筋肉少ないという状態は、イコール、仕事できる量、スポーツできる量に元々違いがあるということです。一人の人は運動を行っていて筋肉もしっかりついている、その為、作業を行っても手足が震えるということもありません。

 

しかしも一人の人は筋肉量が少ないので許容量オーバー状態となって、筋肉や靭帯が悲鳴を上げて手足が震えるという状態になってしまうのです。

スポンサーリンク

【筋肉少ないと血液の流れにも関係する】
心臓から体全体に送り出される血液は酸素や栄養素を運び、肌を作ったり、内臓の細胞に栄養を与えるなど、非常に重要な役割を果たしています。しかし心臓ばかりではなく、血液は筋肉がポンプとなって循環をサポートしています。

 

足の筋肉は足の方に回ってきた血液を心臓の方に送り返すサポートを行いますが、この時、筋肉少ないと血液を心臓に送り返す働きが弱くなり、血液の中に水分や酸素量などが不足します。これによって筋肉少ないと手足が震えるという症状になるのです。

 

【筋肉が少ないから筋肉多いという状態に持っていく方がいい】
心臓へのサポートということも含めて、筋肉少ないという方は震えという症状の原因がわかっているのですから、筋肉量を少しずつ増やしくということも藻的に持った方がいいと思います。

 

手足が震えるということも、筋肉量を増やすことでその症状を改善することができるのです。筋肉の伸縮がしっかり行われるようにすれば、手足のしびれや震えるということも少なくなっていくでしょう。

 

手足が震えるという症状について、原因をしっかり確かめるということが最も大切です。病気が原因の震えもありますし、年齢を重ねていることが原因となって、痴呆やパーキンソン病などの可能性も否定できません。医療機関でしっかり検査しましょう。

スポンサーリンク