MENU

手が震える状態を改善する・治すための対処方法

スポンサーリンク

神経的な面からくる震え、緊張から手が震える、病気の為お薬の利用で手が震えるなど、みなさん震えについての悩みをお持ちの方が多いです。この手が震える状態を治すための対処方法を紹介します。

 

【病的な要素がなくても手が震えることに困っている人が多い】
ピアノの発表会とか、クラスで研究発表会などを行うという小さいイベントでも、とにかく緊張しいで、いつでも手が震える、汗をかく、真赤になってしまうなど、緊張に対するコンプレックスを持っている方は案外多いです。

 

メンタルクリニックなどにいって手が震えるなどの症状を治す訓練を行ったり、不安要素を少なくするお薬を処方してもらうなど、手が震えるということに対して治す行動を積極的に取られている方も少なくありません。

 

【手が震えるのは自律神経が作用している】
手が震えることに病的な要素がないということなら、手の震えは自律神経によるものです。落ち着くということを心がけ、人が多い場面でも普段通りに対応するにはどうすればいいかを考えます。

 

人がぶるっと緊張で震えるという行為は、緊張によるもので、昔から武者震いなどといわれてきました。これのひどいものが手足の震えなどになりますので、こういう症状が起る事は当たり前のこと、自分だけではないとまずは考える必要があります。

スポンサーリンク

【手の震えを治す対処方法、呼吸法を利用する】
手の震えなど、緊張した場合に対応できる対処方法として、呼吸法があります。腹式呼吸を行うことで、横隔膜付近の横隔神経と呼ばれる部分を鍛えます。

 

背筋を伸ばして椅子に座り、鼻からゆっくり酸素を吸い込み、おへその下の方にその酸素を取り込むようなイメージでお腹を十分ふくらませたら、口からゆっくり、息を細く拭くようにしてゆっくり、お腹をへこませながら出していきます。

 

この訓練を1日5回くらいから行い、10日程度たって慣れてきたら回数を徐々に増やし20回程度までできるようになるといいでしょう。

 

【対人恐怖症的な精神的な場合への対処方法】
人前に何度も出ていくということが求められますが、その他に、自分の前にいる人はみんな自分の味方、敵はいないと考えることを繰り返すと、次第に手の震えなどもおさまってきます。

 

ぶるぶる震えてもいいので、人の前で話をする機会を作り、少しずつ慣れていくということも対処方法となります。

 

治すという風に考えると対処方法も難しいのですが、治すのではなく自分が変わるという意識を持っておく方がいいのかもしれません。「治す」は、病気を治すなどとなりますが、変わる思いを持つことで、自分を変えていくというポジティブな意識で対処方法がおこなえるようになるでしょう。

スポンサーリンク