MENU

老人の手が震える症状の原因は?その対処法は?

スポンサーリンク

年齢を重ねると手が震えるなどの症状が起りやすくなります。老人特有の病気などからくることもあるので、原因と対処法をよく理解しておくことが求められます。対処法を理解しておけば、日常生活の中でも活用できるでしょう。

 

【老人の手が震えるという場合、まずは原因を確かめることが大切】
若い世代などは手が震えるということがあっても緊張性のものなど、心因的な要素が働いて手が震えるという状態になっていることが多いです。しかし老人の場合、緊張していてそうなっているのではなく、パーキンソン病などの病気が原因となって手が震えるといった症状となっていることも多いです。

 

また本態性振戦から老人性振戦に移行することもあるので、一概に、精神的なものとか、病気によるものと決めるのではなく、しっかりと医療機関を受診し、その上でどのような事が原因となっている手の震えなのかを理解し、対処法を考えることが必要なのです。

 

【老人性振戦の場合の症状】
本態性振戦が移行し、老人性振戦になったという場合、手が震えるという症状のほかにも、腕、頭、下あご、さらに唇などが震えるという特徴があります。

 

パーキンソン病は何もしていない時に手が震えるなどの症状があり、加えて筋肉の硬直など、老人性振戦ではない症状があるのでわかりやすいです。しかししっかりした診断を付けるためにも、医療機関での検査は必須です。

スポンサーリンク

【手が震える原因、その他にアルコール、煙草が原因の事もある】
煙草、お酒を辞められないという老人も多いです。おいしそうにお酒を飲むおじいちゃんをみていると、取り上げるのもかわいそうと思いますが、原因がお酒、たばこという場合には対処法として、家の中にアルコールなどを置かない、煙草を買わないなどの対処法が必要です。

 

アルコールや煙草などをどうしてもやめる事が出来ないという場合、煙草なら禁煙外来がありますし、アルコールもしっかり対処法を伝授してくれるクリニックなどがあります。

 

【動脈硬化によるものもあるので、対処の前に病院へ】
しっかりとお散歩などの運動を行う、水分を取る、バランスのいい食事を心がける等も対処用として日常生活の中に取り入れておきたいものですが、動脈硬化が原因となって起る血流障害等もありますので、医師にみせることが基本ということは忘れないでください。

 

痛みや感覚が鈍くなっているということもあるので、本人が症状がなくてもご家族が様子を確認して、医療機関を受診し、健康上問題がないということなら、手の震えに対して運動を行ったり、血液の流れがよくなるように筋肉を使うなど対処していきましょう。

 

対処法はその方の症状によって様々ですが、高齢者の場合はまず病気の可能性を消していくということが求められます。その上で病気がないようなら対処法を考えて、ご家族が見守りながら運動、食事など日常生活の中で訓練していくといいと思います。

スポンサーリンク