MENU

手が震えるあるいは吐き気がするという時の原因

スポンサーリンク

手が震えるあるいは吐き気がするという時の原因に思いがけない病気が隠れている時があります。たとえば次のような原因が手が震えるあるいは吐き気がするという時に考えられます。

 

【原因が薬害によるもの】
サプリメント同様に医薬品も効き目が優れている分だけ副作用もありますし相性もあります。吐き気を治したくてもらった薬なのに服用したとたんに手が震えるなどの症状が出る場合もあります。もしも異常が見られたらただちに担当医師に伝えて、一旦服用をやめて様子を見るのも良い方法です。特に消化器系疾患の特効薬に使用されるものや、抗うつ薬や統合失調症薬のような神経系医薬品で手が震えるなどの副作用が生じる事もあります。

 

【原因が自律神経失調症によるもの】
手が震えるあるいは吐き気がするという時の原因が自律神経失調症やうつ病からきている事もあります。強いストレスが長く続いた時に不安感やいらいらと共に手が震えるあるいは吐き気がするなどの症状が生じる事があります。ストレスは不眠や生活習慣の乱れあるいは常に緊張した状態に置かれた環境で起きる事もあります。心理カウンセリングや生活習慣の改善で症状が緩和される事も多いです。

スポンサーリンク

【手が震えるあるいは吐き気がするという時の原因が低血糖によるもの】
低血糖からも手が震えるあるいは吐き気がするという症状を発症することが明らかになっています。引き金になるのは脳疲労や心身のストレスですが、ブドウ糖か甘いフルーツジュースを飲んで症状が緩和されやすくなります。現代はとかく複雑な人間関係や多忙な毎日の生活で心身に疲労をためやすく自力では解消仕切れなくなると、体のそこから危険信号を発信してくる事があります。

 

手が震えるあるいは吐き気がするという時の原因は様々ですが、一様に体に無理がかかっている時に体からの本能的な防御策として生じる事もしばしばありますから、予防医学と共に専門医を受診して検査を受けてみる事も大切です。

スポンサーリンク