MENU

生まれつき手が震える症状と治療方法について

スポンサーリンク

脳に問題がないのに手が震えるといった症状の中には生まれつきのものもあります。治療方法ははたしてあるのでしょうか。あるとしたらどのようなものになるのでしょうか。

 

【生まれつき手が震える症状の種類および治療方法について】
手が震える症状は様々な疾患で出てきます。よく知られているものとしては本態性振戦やパーキンソン病がありますし薬剤性振戦や中毒性振戦もあります。本態性振戦は原因不明で起きる振戦で早ければ10代で発症する事もあります。生まれつき手が震える症状なら、本態性振戦のうちでも家族性振戦が最も近く一族内に同一の疾患が発症している例が多いです。MRIや脳内CTスキャンでの検査や血液検査を経て診断され、生活に支障が出ている場合には内服薬や電気治療での治療方法が試されるのと同時に、睡眠を充分にとる事や鍼灸などで神経をリラックさせる事あるいは、ストレスをためない生活をするなど生活改善などで緩和する事ができます。

 

【生まれつきではなく手が震える症状の種類と治療方法の違い】
生まれつきではないが手が震える症状は、いくつかの疾患が考えられます。高齢者に多い脳神経の病気であるパーキンソン病は静止している時でも常時生じていますし、筋肉の硬直も生じます。表情が乏しく前屈姿勢歩行および急に立ち止まったり方向を変えたりなどの動作も難しくなります。脳神経内科で脳内のCTスキャンやMRI検査などを受け内服薬や電気治療を受けます。特定医薬品の副作用で生じる薬剤性振戦であれば一定期間薬の服用を止める方法もあり、それで収まる事もあります。中毒性新振戦は文字通り麻薬やアルコールなどの依存症でおきる手足の震えです。いずれも神経内科での治療がオススメです。

スポンサーリンク

【生まれつきではないが手が震えるケースは他にもこんなのもあり。その治療方法について】
寒さや過度のストレスで生じる一過性の振戦は元を断つ事で治りますが、甲状腺機能不全で生じるものや小脳系の疾患で生じるものもあります。アルコール依存で生じる振戦はアルコールが体内から抜けていく時の禁断症状やアルコールに手や口に近づける事によって生じるものです。肝性脳症が要因で手が震える事もあります。

 

手が震える症状は生まれつきかそうでないかに関係なく様々な疾患で生じますが、一般ではなく脳神経内科による治療方法が妥当です。

スポンサーリンク