MENU

30代〜40代で手が震える症状の原因となる病気

スポンサーリンク

30代〜40代で手が震える症状の原因となる病気はいくつかあります。中には命に関わる重大なものも含まれていますから、変だなと思ったらすぐに専門医を受診するのが賢明です。30代〜40代で手が震える症状の原因となる病気について解説します。

 

【30代〜40代で手が震える症状の原因となる病気】
30代〜40代で発症する病気の1つにバセドウ病があります。別名甲状腺機能亢進症とも呼ばれるように甲状腺機能の活性化によって生じます。甲状腺が正常に機能していれば免疫機能を司る抗体が、甲状腺ホルモンによって活発に生成されて細菌やウイルスを撃退してくれるのですが、何らかの原因で甲状腺ホルモンが異常に分泌され、異常発生した抗体の動きに狂いが生じ甲状腺を攻撃してホルモンが異常分泌されます。さらに抗体が異常生成されて自分自身を攻撃する事によって、様々な症状を引き起こします。手が震えるのもその1つです。何らかの原因で髄鞘が損傷指されて神経が傷だらけになる多発性硬化症や若年性脳梗塞、運動失調を引き起こす小脳疾患、低血糖症状なども同様の事がおきます。いずれも30代以上で発症します。

 

【30代〜40代で発症する病気への対処法は】
バセドウ病は女性に多く出る病気であり早ければ20代〜30代で発症しますし、手が震える他にも疲れやすい、動悸や息切れ、痩せていくといった辛い症状がありますから専門医を受診して治療する事が重要です。小脳疾患も歩く、しゃべるといった機能も充分にできなくなるつらい病気です。いずれも脳神経内科を受診して適切な検査と治療を受ける事で緩和されていきます。多発硬化症は原因がまだ解明されておらず指定難病になっています。
若年性脳梗塞は短時間だけ手が震えるのが特徴です。一週間以内に大発作が起きる可能性がありますから早めに専門医を受診して検査を受ける事が賢明です。低血糖は糖尿病特異の症状ですから、やはり専門医を受診して医師の指導の下に対処するのが有効です。

スポンサーリンク

【30代〜40代で手が震える症状の原因となる病気にはこんなのも】
アルコール依存症や40代を過ぎてからのパーキンソン病を発症する事もあります。

 

手が震えるという症状1つとっても様々な病気が原因で生じる事がわかりました。少しでも変だなと感じたらすぐに専門医を受診するのがオススメです。

スポンサーリンク