MENU

10代で手が震える症状の原因となる病気

スポンサーリンク

寒い時にも体ががたがた震える事はありますが、特に原因がわからず手が震える時は病気も疑ってみた方が賢明です。手が震える症状が10代で発症する原因に病気がある場合を解説しています。

 

【手が震える症状が10代で発症する原因になる病気】
単にストレスが蓄積されているというばかりではなく、発症原因に思いがけない病気が隠れている事もあります。小児糖尿病がちまたで話題になっていますが、低血糖症になると全身の脱力感や冷や汗と共に、自律神経失調症のような症状も発症します。放置すると集中力低下やめまいおよび錯乱状態に疲労感といった中枢神経系統の異常が診られるようになり、最悪昏睡状態や意識障害を経て死に至ることもありますから、異変に気付いたらただちに糖分を補給してください。手が震えると言えばこれしかないと言われるほど代表的な病気に本態性振戦があります。遺伝性の可能性も指摘されており、家族に同じ病気の人がいる事も多いのが特徴です。

 

【手が震える症状が10代で発症する原因には社会不安障害も】
手が震える症状が10代で発症する原因として社会不安障害をあげる事ができます。かつては対人恐怖症とも言われていたもので、人の前で何かをしなければならない時に発症します。女性に特に多いのですが10代後半から20代にかけて多く発症します。育った環境や性格が原因で引き起こされる事も多く、二次障害としてうつ病やパニック障害あるいは強迫神経症やアルコール依存症を発症する事もあります。

スポンサーリンク

【手が震える症状が10代で発症する原因の病気への対処法】
本態性振戦の大半は治療というよりはリラックスさせる生活の工夫や、リラクゼーション療法あるいはイメージ療法などで緩和される事が多いのですが、低血糖症の場合は糖尿病治療を優先させて受診するのが賢明です。社会不安障害はカウンセリングや薬物療法で緩和される事が多いです。心療内科を受診してみてください。

 

【手が震える症状が10代で発症する原因の病気に役立つ予防医学療法】
本態性振戦にせよ社会不安障害にせよ、共通して根底にあるのはストレスである場合が多いですから、腹式呼吸やイメージ法などで自分をリラックスさせる事や睡眠を充分とる事、食生活の見直しをしてみる事などを継続して行っていく事で、症状緩和につながります。

 

手が震える症状は10代でも充分起こりえる事がわかりました。早めに専門医を受診するか生活環境を見直して規則正しい生活をめざす事でも、緩和につながります。

スポンサーリンク