MENU

手が震えるという理由で字が書けない、その原因

スポンサーリンク

手が震えるという理由で字が書けないという人が増えています。アルコールが入ると収まりますが、アルコール依存症にはまっていきかねませんから、この方法はオススメできません。手が震える原因について解説します。

 

【手が震えるという理由で字が書けない原因となる病気】
手が震えるという理由で字が書けない原因となる病気は各種あります。最も多いのが本態性振戦で40代以上の人で発症するというもので、全体の6割強います。甲状腺機能亢進症すなわちパセドウ病やアルコール依存症の禁断症状が原因で発症する事もありますしカフェインの過剰摂取が原因で生じる事もあります。パーキンソン病や生理的振戦が理由でもおきますが、生理的振戦以外は専門医を受診して適切な治療を受ける事で緩和される事がほとんどです。ただし本態性振戦は原因不明の震えですから、薬物療法というよりは心理療法やリラクゼーションセラピーを使って心身のリラックスをはかり、気にしないといった考え方の変換をしていく方が有効な場合も多いです。

 

【書痙についての詳細】
本態性振戦の中の1つに手が震えるという理由で字が書けない症状があります。書痙と書いてしょけいと読みます。人前で何か書かなければならない時、たとえば速記者や代書人または教師や文筆家に多く見受けられ、他人を意識しすぎて手が震えるので、ミミズがのたくっているような字になってしまう事も多く、葬儀で自分の名前を書くことや旅先で宿帳に名前を書く事すらできなくなってしまいます。人から字が汚いと思われてしまうのではないかいといった対人恐怖症や強迫観念にとらわれて、ますます悪化していきます。一般には字が書けない症状を指しますが、手が震える症状全般をさして言われる事もあります。

スポンサーリンク

【手が震えるという理由で字が書けない人へのオススメの対処法】
対人恐怖症や強迫観念または心身症や神経症に近い症状が出る事から、適切なのは神経内科を受診して認知行動療法や催眠療法および自律訓練法などの治療を受ける事ですが、心理療法やはやりのアロマセラピーなどのリラクセーションセラピーを受ける事で心身をリラックスさせる事も有効です。睡眠をしっかりとる事もオススメですし、周囲に話して理解と協力を得るのもいいでしょう。

 

手が震えるという理由で字が書けない原因となる病気は様々ですから、まずは神経内科を受診してみるのがオススメです。

スポンサーリンク