MENU

試験中に手が震える時の対処法

スポンサーリンク

書痙で悩んでいる人が増えています。特に試験中などに手が震える事なくすませるにはどうしたらよいのか、手軽にできる対処法をまとめてみました。

 

【“手が震える”は本態性振戦・書痙かもしれない】
手が震える症状は病気も含めて様々あります。最も多いのは本態性振戦の中でも書痙(しょけい)と言われる症状です。文筆家や代筆人、ネイルアーティスト、外科医、速記者、教師など手を使う仕事をしている人に繁茂にみられる他、名前を書かなければならない時や履歴書を書かなければならない時、あるいは筆記試験の最中に発症する人もいます。周囲が思っている以上に本人が苦しんでいる場合も多く、自律神経失調症や心身症、不安神経症、不眠症などの病名がつくこともあります。書痙そのものに対しての治療法はありませんから、交感神経の緊張をほぐす薬を投薬されるか心理療法や精神療法などの対処法をほどこされる事が一般的です。しかしながら本人の気持ちや考え方も影響していますから、投薬で完治するというものではありません。

 

【手が震える人に多いタイプと対処法】
書痙を発症する人に共通しているのは、人前で文字を書く事ができないという点です。体質的に緊張しやすいという点もありますが、他人の目を過剰に意識してしまう、手の震えを変に思われるのではないかと考えるだけで気持ちが追い込まれて、ますます症状が悪化してしまいますし、自己肯定感も失われていきます。プレッシャーにも弱いですからあがり症の症状の1つとされる事もあります。その都度の体調によっても症状の表れ方は違ってきます。ストレスをため込みやすく発散が苦手という人も多くみられます。最も良い対処法は試験を受けている時は特に自分でお守りになるようなものを握るなど、緊張をほぐすトレーニングを重ねる事や、試験中でもリラックスできるようなツールを対処法の1つとして持つ事も役立ちます。

スポンサーリンク

【筆記試験の時に役立つ対処法】
同じ手が震える悩みを抱えた人はどのようにして克服しているのかを探ってみると、様々な方法が実践されています。手が震える時は筋肉の硬直とまた震えたらどうしようというトラウマで脳内ががちがちに硬直している状態ですから、呼吸法などで心身の緊張をほぐすトレーニングを普段から繰り返す事で、試験中でも深いリラックスを得られるようにする方法や、イメージ法で緊張していない自分をイメージする事で心の緊張をほぐす方法、試験の間中クルミの殻や好きなペンなどを握りしめながら、手が震える動作に神経を集中させないようにする工夫も役立ちます。

 

手が震える悩みは心の持ち方で軽くなります。特に試験などの緊張するシーンでは様々な対処法がありますから、自分にあった方法を探ってみましょう。

スポンサーリンク