MENU

緊張で手が震える原因と対処方法

スポンサーリンク

緊張で手が震えるとはどういう事が原因なのでしょうか。体の中で起きている事を明らかにするのと同時にその対処方法を探ってみました。

 

【緊張で手が震える時に起きている事と適切な対処方法】
手が震える原因はいくつかあります。その1つは気温差を体がまともに感じてしまって震えるケースで生理振戦と言われ、病気ではなく自然現象ですから、寒さなど原因が取り除かれれば治ります。強度のストレスや緊張を体が処理しきれずに緊張して手が震える事もあります。社会不安神経症などが原因です。何かをしようとする時に起きる書痙というものもありますし、背後に小脳の機能不全があって起きる場合もあります。口元へコップを持ってくるまで緊張と手の震えが続くケースでは本態性振戦が原因である場合と、アルコールの禁断症状や小脳系疾患が原因である場合もあります。羽ばたきのような震えかたをするものがあり、背後に重度の肝性脳症やアルコール依存症があって起きる事が多いです。病気が原因である場合は脳神経の専門医に、それ以外は心理療法や精神療法あるいはストレッチを利用してみるなどの対処方法があります。

 

【手が震える原因は病気かもしれない、具体的な対処方法】
幅広い年代層で発症する本態性振戦やパーキンソン病、甲状腺による免疫異常で生じるパセドウ病、小脳の機能不全や重度の肝性脳症、髄鞘損傷で生じる多発硬化症、脳梗塞、アルコール依存症、低血糖、中毒症などがあります。脳神経か神経内科を受診して適切な検査を受ける事と、薬物治療を受けるといった事が適切な対処方法となります。

スポンサーリンク

【手が震える時はこの対処方法がオススメ】
緊張で手が震える時は過剰なストレスを脳が受け止めきれなくなって、自律神経失調症のような状態になっており、それに伴い筋肉も緊張しています。病気以外ならオススメの対処方法としては緊張している自律神経を整えるために軽いストレッチ体操をする、呼吸法で脳と筋肉のこりをほぐす、睡眠を充分にとる、ぬるめのお湯で入浴する、睡眠を充分にとるなどの方法があります。

 

緊張で手が震える時は、原因となる病気の治療をする事や軽く運動するのも良い対処方法です。

スポンサーリンク