MENU

薬の副作用として手が震える場合の対処法

スポンサーリンク

慢性疾患があり毎日お薬を飲むことが必要という方も多いです。生活習慣病などで多くの方が大人になれば何かしら飲んでいると考えられますが、薬の副作用で手が震えるという症状の方もいます。この対処法を理解しましょう。

 

【副作用がない薬は存在しない】
市販されている商品についても医師が処方してくれる薬についても、全く副作用がなくリスクがないものは存在しません。効果があるということはその裏に何らかの副作用のリスクがあるのです。

 

生活習慣病などが問題になっている現代、血圧や糖尿、また高脂血症などに対応するお薬、さらにその他の慢性疾患でも利用されている方もいます。副作用としてはそのお薬によって様々ですが、手が震えるという症状が起る事もあります。

 

【ぜんそくに利用されるステロイドなどで起る手の震え】
ぜんそくなどの症状に利用されるステロイドには、同期、眠気、口の渇き、その他に手が震えるという症状があります。呼吸を楽にするために利用する気管支拡張のステロイド吸入ですが、多くの方に手の震えの症状があるようです。

 

この他にも抗鬱剤などを利用されている方は、手の震えといった症状を感じたことがあるかと思いますが、ではこうした症状の対処法とはどのような対処法があるのでしょう。

スポンサーリンク

【手が震えるなどの副作用への対処法】
手の震えは薬の副作用であることに間違いないのですが、逆に、効果を発揮している証拠ともなります。ただあまりにもひどい状態だと、その症状をなんとか改善したいので対処法を理解することも必要です。

 

手の震えなどの症状を緩和するためには、水分をしっかり取るということで、これによって血液中に水分とお薬が一定割合になり、症状が安定してきます。

 

【服用時間の間隔が短くなっていないかチェック】
服用時間が短くなっていると震えなどの症状がひどくなることもあります。しっかりと処方を守り、時間を空けて服用するなどの対処法が求められます。

 

また内容が変更になって初めて利用するという場合で、手の震えの症状がひどい場合には、必ず医師に相談し、対処法を考えてもらう方がいいでしょう。

 

手が震えるなどの症状が出てくると、ほかの病気があるのかも?と不安になります。しかしどのお薬にも副作用があり、手が震えるなどの症状があります。気になる時には医師に相談し手が震えるなどの症状が少なくなるよう、対処法を考えてもらいましょう。

スポンサーリンク