MENU

手が震える原因と汗が出る症状について

スポンサーリンク

緊張して手が震えるのに加えて汗が出る事もあります。何が原因でそうなるのでしょうか。はたして対処法はあるのでしょうか。手が震える・汗が出る原因と対処法についてまとめてみました。

 

【手が震える・汗が出る原因は病気かもしれない】
手が震えるあるいは汗が出る症状を伴う病気というのがあります。糖尿病の人が陥りやすい低血糖症、甲状腺ホルモンの異常が見られるパセドウ病、あがり症とも言われる社会不安障害などです。低血糖症は人によって症状が様々なのですが、共通しているのは空腹時や激しい運動の後そして生活習慣病が原因で出やすく、汗が出る・手が震えるといった症状の他にもめまいや強烈な眠気、疲労感、ろれつが回らないなど10項目以上の症状があります。パセドウ病はのど仏の近くにある甲状腺からホルモンが過剰に分泌される事が原因で交感神経が過敏に反応する病気です。眼球が飛び出るあるいはまぶたがつりあがるといった特異な症状もあります。社会不安障害は本人に自覚がないまま対人恐怖症を伴ってあらゆるシーンで緊張して手が震える・汗が出るなどの症状を発症させます。

スポンサーリンク

【病気が原因で手が震える・汗が出るなどの症状を発症した場合の対処方法】
低血糖症は人によって原因が様々なのですから生活習慣を変えただけで回復する人もいますし、ブドウ糖や甘いものを口にする事で解消する人もいます。主治医の指示に従って行動してみましょう。パセドウ病はホルモンの異常分泌を抑制する薬を服用する事で通常2年ほどで正常な生活に戻る事ができますが、個人差がありなかなか薬をやめられない場合は、放射線治療や手術といった治療法が施されます。社会不安神経症は、環境改善で良くなる事が多い病気です。今やはりのアロマセラピーを試してみたり、整体や鍼灸を利用してみたりして症状緩和する事が多いように、リラックスさせる状態を作る事で改善する事が多いです

 

手が震える・汗が出るといった症状は専門医を早めに受診して適切な処方を受ける事や、生活習慣を変えてみる事で緩和します。

スポンサーリンク