MENU

手が震える原因はちゅうきという名の病気かもしれない

スポンサーリンク

手が震える症状をちゅうきと呼ぶ高齢者が多くいますが、ちゅうきとはどのような病気で何が原因でおきるのかまとめてみました。

 

【かつてちゅうきと呼ばれた病気】
高齢者で手が震える病気をちゅうきと呼ぶ人がいます。これはかつて脳卒中がちゅうきと呼ばれていた事によります。後遺症が原因で手が震える事あるいはその人を指しています。いわゆる脳卒中の俗語です。それくらい脳卒中は人々にとって身近な病気だったのでしょう。脳卒中の中でも脳梗塞の前触れでも発症する事がありますし、一過性脳虚血発作のように何度も小発作を繰り返す事が原因で手が震えることもあります。いずれの場合も後に大発作で脳梗塞を引き起こし、機能不全が残るなど社会生活が正常に送れなくなる事にもなりますから、早めの専門医受診を心がけた方が賢明です。

 

【手が震える病気について】
手が震える病気の1つは元々脳卒中を総称してそう呼ばれていたもので、そのうち手が震える人をさすものになっていきました。中風を意味する言葉でもあります。漢字では中気と書きます。

スポンサーリンク

【手が震える原因の内容】
脳梗塞を含むちゅうきすなわち脳卒中で国内でも死亡原因が4位にランクインしていますし、毎年11万人が死んでいます。手が震える以外に麻痺・しびれを伴う感覚障害・言語障害・一過性黒内障・半盲といった症状もあり、脳梗塞でも同じ事がおきます。一部分だけを判断して間違った科を受診して発見が遅れる事もありますから、まずは脳神経内科を受診してみるのがオススメです。これらの症状がそのまま後遺症として残る事も多いです。

 

【ちゅうきが原因の病気への適せつな対処法】
ちゅうきを緩和させるために最も大切な事はリハビリを実践する事です。各種後遺症が残らないための機能訓練を繰り替えす事で機能しなかった症状が改善されることも多いのです。

 

日本人には馴染み深かったちゅうきは今脳梗塞という正式病名がつき、早期発見早期治療で後遺症が残るもののリハビリをあきらめずに実施する事で機能回復や緩和が可能になります。原因を正しく究明するためにも専門医を早めに受診しましょう。

スポンサーリンク