MENU

タバコの影響で手が震える事について

スポンサーリンク

タバコの影響で手が震える症状に陥っている人を見かけますが、含有物であるニコチン依存症に陥っていると考えられます。実は怖いタバコの影響と手が震える症状について解説します。

 

【実は怖いタバコの影響】
世界的に禁煙の動きが活発化した事により喫煙者が大幅に減りました。愛煙家にとっては生きづらさを感じるかもしれませんが、煙を近くで吸っただけでも影響を受けるほど猛毒を持ったタバコは依存性も強く、健康被害は甚だしいものがありますからこの動きはむしろ歓迎すべき事なのです。もしもタバコがないとイライラする、眠れない、多動になる、手が震えるなどのなんらかの禁断症状があるなら、すでにニコチン依存症になっている可能性があります。カフェインやアルコール同様に薬の効果を抑制してしまう事もありますから、特に何らかの投薬を受けている人も禁煙は必須です。逆にタバコを受けながら投薬もしていた場合、急に禁煙した事で薬が逆に効き過ぎて手が震えるなどの影響も出る事がありますから、担当医師と相談しながら禁煙を進める事が重要です。タバコに含まれるニコチンは発がん性物質でもあります。

スポンサーリンク

【手が震えるタバコ依存症の影響】
覚醒作用があるゆえに、喫煙する事で中枢神経が活性化するのと同時に血管を収縮して脳を麻痺させると共に、動脈硬化や心筋梗塞および脳卒中の原因ともなります。喫煙により開放的な気分になれるという麻薬と同じ効果をももたらします。ニコチンは肺ガンなど発がん物質である事は良く知られていますが、免疫効果の低下ももたらします。煙を吸うことで受動喫煙を周囲にもたらしますから、自分の健康に留まらず不特定多数の人への健康被害も及ぼす事になります。喫煙をやめる時の禁断症状として手が震える、精神不安定、暴飲暴食、イライラして落ち着かないといった事が起こりますが、数日で消えます。

 

タバコは良いことがほとんどありません。自分も周囲も寿命を縮めてしまうだけですから、手が震える以外の多大な影響がある事を知って、協力してもらいながら禁煙をしていく事が大切です。

スポンサーリンク