MENU

栄養不足が原因の手が震える症状について

スポンサーリンク

手が震える原因は病気も含めて多々ありますが、特定の栄養不足が原因で起きる事がありますし、逆に過剰摂取して手が震える事もあります。栄養不足が原因の手が震える症状についてご紹介します。

 

【栄養不足が原因の手が震える症状】
糖尿病は血糖値が健康的な人よりも高くそのままでは、ホルモンが適切に作用してくれずに様々な問題を起こすので、状態によっては血糖値を正常値にするための投薬治療やインシュリン注射と共に、食生活の栄養管理もしていかなければなりません。逆に下がりすぎても手が震える、悪寒、動悸、めまい、頭痛、意識障害などの症状がおきますから、その時はブドウ糖やフルーツジュースまたは飴をなめるなどの普段の食事とは別に特定の栄養を補給する事で調節します。低血糖時の車の運転は大変危険ですから休憩をとるようにします。管理による調整がうまくいっている時には手が震えるといった症状はほとんどみられませんから、家族を含めた周囲の人たちも少しだけ注意してあげるようにしてください。

 

【低血糖がおこりやすい状況】
手が震えるといった症状がはっきりわかるような形で起きている状況は、低血糖が進んでいる状況です。どうしてもインシュリン注射や投薬治療の過程で起こりがちなのですが、他にも特定状況で起きる事があります。朝食を抜くなど食事と食事の間が抜けてしまった時、食事制限をしすぎて必要最低限の栄養が不足した時、食事量以上の消化を促すような過剰な運動をしてしまった時なども低血糖の原因になります。

スポンサーリンク

【低血糖にならないための食事】
低血糖になるとつい食事量を減らしすぎて栄養不足になりがちですが、炭水化物を減らしすぎるのは逆効果になりますから、専門医の指示にしたがってバランスの良い食生活をこころがけましょう。もしなんらかの症状がくりかえされる時はすぐに専門医を受診して指示を仰ぐと共に、原因となる元をたちきりましょう。

 

栄養不足が原因の手が震える症状は適切な食習慣を維持する事で緩和されます。血糖値を下げる事に集中するあまり低血糖にならないように周囲も協力しながら適切な栄養補給をしましょう。

スポンサーリンク