MENU

うつ病が原因で手が震える症状について

スポンサーリンク

うつ病が原因で手が震える症状を発症する事があります。どのような状況でそうなるのでしょうか。うつ病が原因で手が震える症状と、対処法について見ていきましょう。

 

【うつ病が原因で手が震える症状】
うつ病特異の特徴として不眠症・食欲減退・昼夜逆転・立ちくらみ・めまい・難聴・耳鳴り・疲労感・首や肩のこり・手足の冷え・悲壮感・感情の抑圧・緊張といった症状があり、極限まで抑圧された感情は特に人前で緊張させますから、何かをする時に手が震える症状を伴う事があります。自律神経の働きも狂わせますから胃腸を含む内臓も緊張させて体全体が緊張している状態です。心身症と診断される事もあります。一般的な対処法として抗うつ薬など特定治療薬による服薬治療も行われますが、副作用として手が震える症状を発症させる事もあります。

 

【うつ病が原因で手が震える症状への対処法ー緊張をほぐすために】
うつ病が原因の緊張ですから、体をいくらもみほぐしてもまったく歯が立ちません。極限まで抑圧された感情を開放するために心理療法や精神療法や各種セラピーを使って心と体をリラックスさせる対処法を試みられる事が多いです。カウンセリングと合わせて整体と鍼灸を行う事で心身をリラックスさせる事も有効です。自然と緩和されていきます。

スポンサーリンク

【うつ病が原因で手が震える―薬剤の副作用を緩和させるために】
うつ病を含めて精神薬には相性もありますから、副作用があまりにひどい場合は体にあう別の薬を試してみる事で手が震える症状も緩和してきます。どの薬も最低3ヶ月は服用してみる必要もある事も心得ておく必要があります。自分の独断で薬を中断するのではなく、主治医と相談しながら自分にあう薬を探しましょう。

 

うつ病が原因で手が震える症状は誰にでも起きる事ではなく体質的なものもあります。様々な対処法がありますから自分が最もリラックスでき自分らしくいられるように、主治医とも相談しながら良い対処法を探してみてください。

スポンサーリンク