MENU

怒りが原因で手が痙攣する時の対処方法

スポンサーリンク

たわいのない事が原因で怒りを含む感情が心の底からこみあげてくる時があります。同時に怒りが原因で手が痙攣する時は病気が隠れているかもしれません。怒りが原因で手が痙攣する時の対処方法についてまとめてみました。

 

【怒りが原因で手が痙攣する時心では何がおきているかー対処方法】
怒りや悲しみあるいは喜びなど情動的な機能や活動を司るのが交感神経であり、状況に合わせて休息をとるための機能を司るのが副交感神経です。常に両者のほどよいバランスの中で人間は健全な社会生活を送れているのですが、感情を過剰に押さえ込み無意識の領域に蓄積されてしまった事が原因で、常に交感神経だけが発動している形になり、副交感神経が働きにくい状況を作ってしまっている時があります。

 

【怒りが原因で手が痙攣する時―交感神経と副交感神経】
交感神経と副交感神経の偏った動きはストレスを心と体にため込む事になり、想定外のトラブルを心身に引き起こす事になります。ちょっとした事で怒りが押さえられなくなって人間関係や社会生活に支障が出て来ることもあります。手が痙攣するというのはトラブルの1つです。他にも不眠症やうつ病そして情緒不安定といった情動的なものが原因で、筋肉も常に緊張している状態になります。ますます手の痙攣は悪化していくばかりです。いわゆる自律神経失調症の状態に陥っているのです。精神科もしくは心療内科を受診してカウンセリングを受けて感情の開放をするという対処方法もありますし、整体や鍼灸あるいはリラクゼーションサロンなどで心身の緊張をほぐすという対処方法もオススメです。

スポンサーリンク

【怒りが原因で手が痙攣する時体はー対処方法】
ストレスは心と体で受け止めようとして緊張してきます。痙攣は筋肉の伸縮がずっと継続されている事になります。これが手に表れる事もありますし他の部位、たとえば眼瞼や首周り、顔面などに出てくる事もあり、社交不安神経症やうつ病を発症する事もあります。早めに心療内科や精神科あるいは神経内科を受診して検査や治療を受けるといった対処方法があります。

 

人の体も心も正直にできていますから、自分をごまかして生きていればすぐ各種症状となって表れてきます。専門医の力も借りながら痙攣の緩和をはかるのも良い対処方法です。

スポンサーリンク