MENU

時々手の震えが起きる原因と対処方法

スポンサーリンク

他の病気のようにどういった状況が重なると発症するといったルール性や、発症原因も解明されておらず有効な治療方法も確立されていない、多発性硬化症という病気があります。時々手の震えが起きる原因と対処方法についてまとめてみました。

 

【多発性硬化症とはどのような病気―時々手の震えが起きる原因】
記憶力・運動機能・体温調節・内臓機能など生命活動をしていく上で重要な働きをしているのが中枢神経であり、指先や肌などの末端神経で受けた刺激が情報として中枢神経に伝達されて熱い、冷たい、痛い、かゆい、気持ちよいといったような電気信号に変えられ、神経繊維を通過して脊髄から末端神経に伝達され、最終的に全身にフィードバックされるといった作業が生きている限り体内で繰り返されています。重要なパイプ役をしている神経繊維を包んでいるのが髄鞘組織なのですが、何らかの原因で髄鞘組織が破壊されてあちこちに穴が空いた状態になってしまうのが、多発性硬化症です。破れた後が硬くなるところから多発性硬化症と命名されました。原因がわからず有効な治療法も確立されていないゆえに、具体的な対処方法が考えにくくもありますから指定難病に追加されました。症状の1つに時々手の震えが生じるなどの症状を発症します。

スポンサーリンク

【時々手の震えが起きる】
通常多くの病気は症状が発症する状況や環境要因などがわかっていますから、いつ起きるか予測がつきやすいゆえに対処方法も考えやすいのですが、多発性硬化症は、そうしたルール性も解明されていない状態ですから、いつ誰にどのような症状がおきるかは個人差があります。時々手の震えが起きるのは確かなのですが、どういったことが原因して手の震えのような症状が時々でも起きるかがわからないので、予防も難しい状態ですし具体的な対処方法を計画しづらいという特徴もあります。他にもろれつが回らない、ふらふらする、尿が出にくく失禁もするといった症状が発症する事もあります。

 

【進行や再発を防ぎ症状を緩和させる対処方法】
唯1つ考えられる対処方法として薬物治療によって再発や進行に効果への期待が高まりつつあります。

 

原因もこれといった対処方法も確立していないゆえに、時々手の震えが起きる多発硬化症は指定難病になりました。一度はよくなったように見えても再発を繰り替えす病気です。進行を押さえ症状を緩和させる事はできます。

スポンサーリンク