MENU

空腹が原因で手が震える時の対処方法

スポンサーリンク

空腹が原因で手が震えるなどの症状が表れている時は、低血糖かもしれません。糖尿病患者特異の症状ですが正常な人でも低血糖になる場合があるのです。
空腹が原因で手が震える時の対処方法についてまとめてみました。

 

【空腹が原因で手が震える時の対処方法―低血糖とは】
実は低血糖を引き起こす原因は糖尿病だけとは限りません。空腹時などにアルコール飲酒をした時や抗不整脈薬の副作用が原因でも手が震えるなどの症状を発症しますし、正常な人でも空腹時に低血糖になり手が震えるなどの症状を発症するケースがあるのです。ただし正常な人はいらいらするだけで深刻なまでに血糖値が下がる事はほとんどありません。そもそも低血糖はインシュリンが過剰に働いた時に発症するものですから、糖分を早めに摂取すれば回復する事がほとんどです。食事間の時間が長い時でも空腹間と共に低血糖を発症し手が震えるなどの症状を発症することがありますから、食生活の工夫をする事でコントロールできますし、食事を急激に減らしすぎた時でも低血糖になる事がありますから、担当医師の指示にしたがって適量のタンパク質を含む栄養をバランスよくとるといった食事面での対処方法で、低血糖を予防する事ができます。怖いのは無自覚性低血糖になった時です。

スポンサーリンク

【空腹が原因で手が震える時の対処方法―無自覚性低血糖】
低血糖を繰り返していく中で感覚が少しずつ鈍くなっていく事があります。そうなると空腹感も鈍感になりますし、その他の症状も現れにくくなります。まったく自覚がないままに糖尿病の障害だけが進行し、最悪死にいたる事がありますから周囲が注意しておく必要があります。意識がなくなってからでは糖分を自力で摂取できなくなりますから、早急に専門医を受診して具体的な対処方法を指示してもらうか、定期的に血糖値を測定し血糖値が70を下回ったら糖分を補給するという対処方法が妥当です。

 

その他肝ガンや膵臓および細胞壁にできる肉腫が原因で引き起こされる低血糖もあり専門医による治療が必要になります。それ以外は食生活の改善などで緩和します。担当医師の指示の元で適せつな対処方法をとってください。

スポンサーリンク