MENU

筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えが起きた時の対処方法

スポンサーリンク

いつになく激しい運動をした後や重いものをいくつも運んだ後などに筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えが起きる時があります。仕事もできないほどの痙攣が起きた時の対処方法についてまとめてみました。

 

【筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えが起きた時の対処方法―急に激しい運動を始めた時】
日常あまり体を動かした事がないのに急激に激しい運動を始めた時や筋トレをした後、あるいは引っ越し時にいくつもの重い荷物を運ぶなど力仕事をした後などに、筋肉疲労が原因で手の震えなどの痙攣をおこす事があります。首から肩にかけて筋肉がつっぱっているような重い感覚や鈍痛、足のふくらはぎがつっぱっているような激痛が走る事もありますし、指や腕にも脱力感や鈍痛があります。明らかに過剰な運動の影響です。人によっては筋肉が自分の意志とは無関係にぴくぴく動く症状が出る事もあります。この時体では何が起きているかといいますと、自分の意志とは無関係に筋肉が勝手に収縮し始める不随意収縮が起きているのです。日頃から運動をしている人でも不随意収縮はおきますが数日のうちに回復する事が多く、体力や筋力もついてきますから同じレベルの運動ならさほどの筋肉疲労を感じなくなっていきますし手の震えもおさまりますが、人によっては痙攣が何週間も続く場合もあります。

 

【筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えが起きた時の対処方法―直接の原因】
筋肉疲労は当然ながらありますが、運動の最中あるいは力仕事をしている間は汗となってミネラル分が体内から抜けていきますし、手を使う仕事ならその部分の筋肉はかなり緊張をしているはずです。いわゆるストレスがかかっている状態です。ミネラルは末端神経が受けた刺激を電気信号に変えて脳に情報を伝達してから、感覚情報を末端神経に電気信号という形でフラッシュバックしているのですが、激しい運動の最中に大事なミネラルがどんどん消化されていくために、いわゆるスタミナ不足で充分に筋肉運動を機能させる事ができなくなっているのです。適切な対処方法をとる事で緩和されます。

スポンサーリンク

【筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えが起きた時の対処方法―オススメの対処方法】
準備運動をして充分体を慣らしてから適度の運動をしましょう。牛乳や緑黄野菜および大豆や魚介類などバランスの取れた食生活を送る事によって力仕事には欠かせないミネラルを補給する事ができます。

 

筋肉疲労や力仕事が原因で手の震えを予防するためにバランスの取れた食生活と準備運動を実践する事が最高の対処方法です。

スポンサーリンク