MENU

休肝日に手の震えが生じた時の対処方法

スポンサーリンク

厚生労働省ではアルコール依存になるリスクを少しでも減らすために週に2日は飲酒しない日として休肝日を作る事をすすめていますが、休肝日に手の震えが生じた時の対処方法についてまとめてみました。

 

【休肝日に手の震えが生じた時の対処方法―アルコール依存症について】
厚生労働省ではたしなむ程度のお酒の量をビールなら500ml日本酒で1合弱、焼酎は0.5合で、女性はさらにその半分と定めていますが、お酒好きの人の中にはこれ以上飲酒している人も多いのは事実です。アルコール依存症と単に酒豪というだけの人の違いは、やめたい時にやめられる事と自分の中の適量をきちんと見極める事ができているかどうかです。アルコールの分解が体質的にできる人すなわち飲酒ですぐ顔が赤くなる人はアルコール依存症になりやすいとされていますから、節度を越える事無く飲酒できる事が重要です。節度を越える飲酒を続けていると、慢性胃炎や痛風、肝機能障害など60以上の病気を引き起こしけがもしやすくなります。アルコール依存へのリスクを減らすために週に2日は休肝日にして飲酒を休む事をよびかけていますが、その時点ですでに手の震えるが出るなどの症状が出て来ているようなら明らかにアルコール依存症ですから、臆する事無く専門医を受診しましょう。

スポンサーリンク

【休肝日に手の震えが生じた時の対処方法】
休肝日は休脳日でもあるようにアルコール依存症によって萎縮した脳を元に戻す事も可能ですから、手の震えが出るような離脱症状が出る状況であっても早期治療によって生活改善がスムーズにいきますから、アルコール医療を受診して治療に励むのが最良の対処方法です。手の震えが出るのは過剰飲酒だけではなく他の病気でも起こりえるのですが、飲酒で緩和される事もあって依存が進むケースもあります。お酒は脳機能を低下させる働きがあるゆえに苦痛を感じさせ無くしていると考えられますから、正しい対処方法とは言えません。きちんと休肝日を守って飲酒をコントロールできる事こそ正しい対処方法です。

 

休肝日になると手の震えが出るのはアルコール依存症の禁断症状ですから、専門医を受診する事が理想的な対処方法です。

スポンサーリンク