MENU

気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみが起きる病気

スポンサーリンク

気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみとこれだけの症状が一度に起きる病気と言えば、自律神経失調症が考えられます。気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみが起きる病気についてまとめてみました。

 

【気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみが起きる病気―自律神経失調症のケース】
1つ1つの症状を見ていくと様々な病気の可能性を考えられるのですが、これだけの症状がいっぺんに発症するというと最も可能性があるのは自律神経失調症です。めまいがあって気落ち悪いだけならストレスや疲労感から来ている場合も考えられますから静かに休んでいれば回復しますから心配はいりません。どの症状が最も繁茂にどの程度発症するのかは個人差があり、表れ方もそれぞれです。自律神経には交感神経と副交感神経とがあり両者のほどよいバランスの元に健康が維持されていますから、精神的ストレスや疲労が重なる事によってバランスが崩れると、気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみといった形で出てくるようになりますし、関連した病気も20以上あります。どの病気がどこに関与しているかは素人には難しいですから、専門医を受診して早期治療をした方が後が楽になります。

スポンサーリンク

【気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみが起きる病気―間違えやすい病気】
寝ている状態から急に立ち上がった時に生じる目まいや立ちくらみなら糖尿病かもしれませんし、脳腫瘍でも同じ症状が出ます。手の震えはパーキンソン病やパセドー病でも起きます。気持ち悪いのは血管迷走神経反射も発症しますし、低血圧や貧血でもおきます。同じ貧血でも急におきた時は肝硬変や胃潰瘍の場合もあります。この場合は専門医を受診して検査を受けた方が賢明です。これらの病気の有無は素人で判断できる事ではないので、専門医受診がオススメです。

 

気持ち悪い、手の震え、目まい、立ちくらみが起きる疾患は多種多様あって中には放置できない緊急性のものも含まれていますが、素人では的確に判断するのが難しいものが多いです。専門医を受診して検査を受けましょう。

スポンサーリンク