MENU

飲酒の翌日に手の震えが起きた時の対処法

スポンサーリンク

夏になるとあちこちのビアガーデンなどで目にするいっきのみ、実は大変危険でおすすめできない行為なのです。飲酒の翌日に手の震えが起きた時の対処法のついてまとめてみました。

 

【飲酒の翌日に表れる手の震えは危険を知らせるサイン】
アルコールはたしなむ程度なら開放的になれて自分も相手も楽しい時間を過ごせる最高のツールになり得ますが、毎日大量の飲酒を繰り返すと人によってはやめたいのにやめられない、だんだんちょっとの量では快感を得られなくなるなどコントロールがきかなくなってきます。一方肝臓はアルコールを解毒してくれる唯1つの臓器ですが、一定量のアルコール解毒に数時間かかります。いっきのみで短時間に大量のアルコールが体内に取り込まれると、解毒作業がおいつかずに残ってしまう事に加えて、急激に血中濃度が高まって危険区域を越える状態に陥りますが、肝臓はよほどの事が無い限り危険信号を発してくれません。おかしいと自覚できた時にはすでに取り返しのつかない事になっている事が多いのです。もしも翌日に手の震えが起きたなら、明らかにアルコール依存症の禁断症状が出た事になります。アルコール専門医を受診して早めに対処法を講じてください。

スポンサーリンク

【翌日に手の震えが起きた時の対処法】
アルコール依存症になると翌日から飲酒を一切断ち切る対処法を指示されます。コントロールがきかなくなっている状態ですから、少しの量でも血中濃度が危険区域にまで達してしまいやすいからです。肝臓も慢性病になっていますから飲酒をたって数日は禁断症状として翌日には手の震えが生じます。アルコール依存症とは思っていない人でも大量の飲酒をした次の日に、二日酔いの症状と合わせて手の震えがおきる事がありますから、それなりの対処法が必要になります。二日酔いで頭痛がするのは一気にアルコールの血中濃度があがって中枢神経がダメージを受けたゆえです。手の震えが起きるのは肝臓がかなりのダメージを受けたゆえです。対処法としては飲酒を含むごちそうを断って肝臓を休ませてあげる事です。厚生労働省では週に二日は休肝日をおく事を推奨しています。

 

肝臓は沈黙の臓器と称されるようによほど悪化しないと危険信号を発してくれません。飲酒の翌日に手の震えが起きた時の対処法としては肝臓を休ませてあげるのと同時にアルコール専門医を受診する事です。

スポンサーリンク