MENU

手が震える原因はルナベルの副作用であるという事について

スポンサーリンク

生理痛や月経困難症の特効薬として一般に普及しているルナベルですが手が震えるなどの副作用が報告される事もあります。手が震える原因についてまとめてみました。

 

【ルナベルで手が震える原因】
正式にはルナベル配合錠といい、ノルエチステロンとエチニルエストラジオールという成分が含まれています。女性ホルモンは大きく分けると黄体ホルモンと卵胞ホルモンとの2つあり、これらを補充する事によって生理痛が原因で起きる症状である下腹部痛や腰痛を改善する事ができます。専門医から月経困難症と診断された人に提供される低用量ピルですが、避妊効果はありません。LDとULDと2種類あるうち特にULDは副作用が軽く気軽に服用できます。ホルモンを妊娠時の状態に整えて中枢神経に妊娠したと勘違いさせる事によって、生理を止めますから生理中のひどい生理痛や月経困難症の症状も止まるわけです。厚生省が認可した低容量ピルですから安心して服用できます。ただしどのように優れた医薬品でも副作用は必ずあるように安全と認定を受けたものでも副作用は少なからずあります。低容量ピルであるルナベルも手が震えるなどいくつかの副作用が確認されています。

スポンサーリンク

【手が震える原因はルナベルの副作用について】
手が震えるなどの副作用が出た場合は他に服用している薬がない限りルナベルが原因と考えられますが、他にも様々な副作用がある事も明らかになっています。重度の血栓症や呼吸困難、じんましん、かゆみ、肝機能障害、むくみ、体重増加、食欲不振など自律神経系統の症状各種がおきる場合があります。特に手が震えるなど血栓が原因と思われるような症状が出た場合は、専門医を受診するか薬剤師に相談してください。

 

【使用上の注意】
服用中は喫煙しない事や妊娠中は服用しない事に加えて高血圧や肥満の人、肝臓系や心臓系の疾患を持っていない事など注意すべき事がいくつかありますから、専門医の指示を厳守して利用してください。

 

手が震える原因はルナベルの副作用についてみていくと特に重篤な血栓症を発症するケースもありますから、何が原因かわからない時は特に服用を一度停止して担当医に相談するのが賢明です。

スポンサーリンク