MENU

ミネラル不足が原因で手が震える事について

スポンサーリンク

体内から水分が汗となって抜けていく時にミネラルも一緒に抜けていきます。そのまま水分補給をしないでいる事が原因で手が震えるなどの脱水症状を引き起こしかねません。ミネラル不足で手が震える原因についてまとめてみました。

 

【手が震えるなどの脱水症状がおきる原因はミネラル不足】
成人の体の6割は水でできていると言われる通り、水がなければ人は生きていけません。かつて運動の後の水分補給はしないほうが良いとされてきましたが、現在は逆の事が言われています。体内に含まれている水は血液・唾液・リンパ液・粘液・消化液などを構成する重要な成分であり、ミネラルを豊富に含んでいます。スポーツ選手は特にそうですが激しい運動をしながら大量の汗をかくのと同時に、生命維持をしていくのに大切なこれらマグネシウムやナトリウムを含むミネラルが一緒に抜けていきます。失った分の水分を補給しない事が原因で深刻な脱水症状を引き起こし、様々なトラブルとなって表れてきます。手が震えるのもトラブルの1つです。

スポンサーリンク

【ミネラル不足で脱水症状がおきると手が震える以外に】
生命維持に重要な酸素や栄養が行き渡らず呼吸困難が引き起こされる他、老廃物が排出されずに毒素が対内に蓄積され肝臓が機能しなくなるでしょうし、自律神経系や中枢神経系統もうまく機能しなくなる事が予測されます。体温調節もうまくできなくなりますから急激に体温があがって急性高血圧も引き起こされるかもしれません。生命維持そのものが危ぶまれていきます。脱水症状はけしてあまくみる事ができない症状なのです。脱水症状を引き起こして点滴を打つ対処がされる事によって、ミネラル不足を補われます。ミネラル不足が原因で手が震えるという症状はこれだけ怖い事が起きているという事なのです。

 

【ミネラル不足が原因で手が震える時の対処法】
スポーツ飲料で応急処置ができます。スポーツ飲料の多くは体液に近い成分が含まれていますから、体調不良に陥った時にミネラル補給を手軽にできます。

 

ミネラル不足が原因で人の体に多大な影響及ぼす事を念頭に入れて、水分補給をしっかりとる事や休息をとる事が大切です。

スポンサーリンク