MENU

カリウム不足が原因の手の震えの症状と対処法

スポンサーリンク

細かな作業をする時など原因不明の手の震えに困ったことはありませんか。手が震える症状の原因としてカリウムというミネラルの不足が影響している場合があります。カリウム不足と手の震えの関係、対処法をご説明します。

 

【手の震えの原因はカリウム不足】
手の震えの症状は神経系の問題だけが原因ではありません。日常生活で摂取している栄養素のアンバランスが原因で、その症状の一つとして手の震えが見られる場合もあります。たとえばカリウム不足が手の震えを引き起こすことがあります。カリウムは体内の塩分量を調節したり、筋肉の動きをサポートする働きがあるので、これが不足すると高血圧症状が出たり筋肉が痙攣を起こし手の震えや足のつりといった症状の原因になったりします。

 

【不足しがちなカリウム】
カリウムは体内で生成できないので食品から摂取するしかありません。野菜や果物に多く含まれますが、水溶性のカリウムは野菜を煮たり茹でたりすると水に溶け出してしまいます。調理した野菜ばかり食べて生野菜を摂取しないとカリウム不足の原因となります。また塩分を摂り過ぎると、体内の塩分調節のため過度のカリウムが使われてしまい、やはりカリウム不足を招いてしまいます。こんなところにも手の震えの原因が潜んでいるのです。

スポンサーリンク

【カリウム不足を防ぐ方法】
カリウム不足を避けるためには生野菜や果物を適度に摂取することが大切です。また野菜を調理した場合も煮汁や茹で汁を活用すれば、そこにカリウムが溶け込んでいるので摂取することができます。塩分の摂り過ぎにも注意しましょう。お茶やコーヒーなど利尿作用があるものを摂り過ぎるのも注意です。カリウムは水に溶けやすいため尿と一緒の排出されてしまうからです。ストレスにも気を付ける必要があります。ストレスがたまると体内にナトリウムが溜め込まれ、これを排出するためにカリウムが使われてしまうのです。

 

【カリウムの摂り過ぎにも注意】
心身の両方に様々な症状をもたらすカリウム不足には注意が必要ですが、カリウムの過剰摂取にも気を付けなければなりません。カリウムを摂り過ぎると高カリウム血症になることもあります。不整脈や手足のしびれ、最悪の場合は心停止などの症状を伴います。サプリメントなどの過剰摂取には気を付けて、あくまで食品からの摂取を基本とすることが大切です。

 

手の震えなど身体のちょっとした不調は体からのSOSサインです。軽い症状だからといって見過ごすことなく原因を正しく知り対処してあげることが大切です。そうすることでもっと大きな病気を未然に防ぐことができる場合もあるのです。

スポンサーリンク