MENU

辛い二日酔い起る手の震え、力が入らない時の対処方法

スポンサーリンク

お酒をついつい飲み過ぎてしまって辛い二日酔いとなって後悔される方も多いでしょう。二日酔いになるとなぜか手の震えが起きたり、力が入らないという症状が出てくる方もいます。手の震えにどのような対処方法があるか紹介します。

 

【辛い二日酔い・・もう飲まないと誓うけれど】
二日酔いは何度経験しても辛いもので、もう絶対にこんなに深酒をしないと思うのに、またしても深酒をして翌日最悪の朝を迎えてしまいます。気持ちが悪く身の置き所がない、はこうと思っても出てこないし頭痛もする・・・体全体に症状が起っているようで、本当に辛いものです。

 

ただ悪寒や吐き気、頭痛などの二日酔い特有の症状ではなく、手が震え、力が入らないなどの症状になった場合、今まで経験したことがないと本当に不安になります。もしかしてアルコール依存症的な症状?なんて、驚かれる方もいます。

 

【手の震え、力が入らない理由は?】
お酒をたくさん飲んだ翌日、頭痛や吐き気などと共に手に力が入らない、手の震えなどの症状がある方は、一時的な低血糖状態となっているのかもしれません。

 

この場合、一時的な低血糖状態をよくするために、スポーツドリンクやはちみつの入った飲み物などを飲むというお対処方法があります。しばらくして手の震えなどがおさまってきたら、お酒の飲みすぎによって一時的な低血糖だったということでしょう。

スポンサーリンク

【前よりも二日酔いの症状が出やすい、手の震えが頻繁という場合】
以前は二日酔いをしてもたまに手の震えがあるという程度だったのに、最近飲むたびに手が震え、力が入らないという状態になるという方は、対処方法というよりもその前に、お酒をひかえる事をおすすめします。

 

低血糖状態がお酒を飲むたびに起るというのは、常によくない状態が継続し、肝臓の機能障害になっていることもあります。お酒をひかえるということに加えて対処方法として摂取する食べ物を考えること、また肝臓のサポートとなるアミノ酸を摂取します。

 

【食事についての対処方法】
食事についての対処方法としては、普段の食事で「脂肪の少ない動物性たんぱく質」を適度に取るということが必要となってきます。こうした食事に気を使い、バランスよく食べることで肝機能は少しずつですが回復します。

 

アミノ酸のサプリメントなども対処方法の一つとなりますので、手に力が入らないなどが頻繁に起こる方は利用されてみてはいかがでしょうか。

 

手に力が入らない、震えるなんて言うと二日酔いではなくアルコール中毒になっているんじゃないか?と心配される方もいますが、まずはお酒の量を減らす努力が必要です。アルコール中毒ではなくても肝機能が弱くなっていることも考えられるのです。

スポンサーリンク